葵とマッチャの京都物語

ふり返れば天龍寺庭園の借景!

天龍寺へ行く葵とマッチャ

秋の嵐山は紅葉に彩られます。
この時期は、紅葉を眺めながら山の中を行くトロッコ列車が人気です。

葵
う~ん、でもトロッコ列車、混みそうだしなぁ・・・
マッチャ
マッチャ
嵐山の紅葉を楽しみたいなら、天龍寺がオススメだよ!

そこで、2人は天龍寺へ出かけることにしました。

天龍寺の見どころは、何を置いても「雲龍図」ですが、見事な庭園も必見ポイントです。

その「雲龍図」は、天井に描かれたものと、襖絵に描かれたものとがあります。

法堂の天井にある八方睨みの龍は、日本画家の加山又造氏によるもの。

曾我蕭白(そがしょうはく)が手がけた襖絵の原作は、なんとボストン美術館に所蔵されているくらい貴重な作品です。ここ天龍寺ではレプリカが飾られています。

レプリカでもその迫力と緻密さと芸術性の高さは十分伝わってきます。これは男性からも人気の作品というのがうかがえます。

また、同じく入口すぐのところに飾ってある「達磨絵」も人気を博しています。天龍寺は、アートも楽しめるお寺なのです。

天龍寺の襖絵
マッチャ
マッチャ
雲龍図や達磨絵もぜひぜひ見てもらいたい見どころだけど、今の季節は紅葉に彩られた日本庭園がイチオシなんだ

マッチャはうきうきモードで葵を境内に案内しました。

葵
うわぁ・・・!

マッチャに案内された葵は思わず声をあげました。

大きな池をぐるっと囲む木々は、紅色、朱色、橙色、黄色、そして緑色など、さまざまな色が織りなす紅葉の絶景を演出していました。

何よりもステキなのは、その色彩が池に映り込んで、さらに奥行きや広がりがある景色になっていたところ。

葵はうっとりしてしまいました。

葵
ねぇ、葵ちゃん、気づいた?
池に映っているのは、池の周りの木々だけじゃないんだよ

葵は最初、マッチャが何を言いたいのかよく分かりませんでしたが、よくよく池を見てみて、気づきました。

嵐山にある天龍寺の庭園の借景がステキ
葵
そっか、山か!
だから嵐山の紅葉を楽しめるスポットって言ったのね!

マッチャは葵に気付いてもらってドヤ顔です。

確かに葵が言う通り、水面には、遠くに見渡せる嵐山も映り込んでいました。

嵐山を彩る紅葉が、ぼんやりと背景に色を添えて、主張しすぎずに主役を引き立てて見事な脇役に徹しているのです。

あの山がなければ、あるいは少し物足りない風景になっていたかもしれません。

マッチャ
マッチャ
こういう風に、自然の風景を庭の風景の中に取り入れる事を『借景』と言うんだ。

自分たちで庭に木を植えるとか石を並べるとか池を掘るとか、そうやって手を入れずに、遠くに見える山や森などの景色を自分の庭の額縁内に借りるっていう発想ってこと

マッチャは得意そうに解説しました。

自然の美しさをお借りして、四季折々の絶景を楽しむ先人たちの粋な楽しみに感心した葵なのでした。

京都の世界遺産 天龍寺の見どころと歴史
天龍寺の見どころと歴史についての簡単まとめ京都の世界遺産である天龍寺の見どころと歴史について、分かりやすく簡単にまとめました。嵐山といえば竹林や渡月橋で有名ですが、室町時代に建てられた天龍寺は、京都の街中にありながら「禅」の美しさを感じられるスポットとして有名です。そんな天龍寺に初めて行く際、あらかじめ知っておきたい基礎知識をチェックしておきましょう。...