京都グルメ

マールブランシュのかき氷3種!京都駅・伊勢丹・本店限定の食べ比べ

マールブランシュの夏季限定かき氷を食べ比べ

京都の夏はとても暑い!
涼を取りたい、と思ったら、カラダの中から冷やすのもアリですよね。

そんなときに食べたいと真っ先に浮かぶのは、京都でしか食べられない限定のかき氷です。それが、マールブランシュで9月上旬までの夏季限定&店舗限定のかき氷!

京都土産で有名な「茶の菓」が大人気のマールブランシュですが、京都市内にある12店舗のうち、3店舗限定でかき氷が提供されているんです。

3種類のかき氷を早々に制覇して食べ比べてきましたので、それぞれご紹介します。

どのかき氷も9月上旬~中旬までの期間限定なので、この時期に京都へ立ち寄るなら、ぜひぜひご賞味あれ~

マールブランシュのかき氷 京都駅限定「生茶の菓かき氷」

京都駅前の京都タワーサンド店には、ここでしか食べられない「生茶の菓アイスバー」という人気のアイスクリームがあります。(詳しくは後述)

とっても濃厚な抹茶の風味と、モチモチとした食感がおもしろいこの生茶の菓アイス。コレをベースとしたかき氷が「生茶の菓かき氷」です。

キューブ状にカットされた生茶の菓アイスの上に、栃木県日光産の天然氷で作られたきめ細やかなふんわり氷が乗せられ、さらに流行りのお濃茶エスプーマがかけられています。

マールブランシュの夏季限定かき氷 京都駅前の京都タワーサンド店「生茶の菓かき氷」

お値段は500円(税込)

濃茶の部分だけを口にするとやや苦いので、氷やアイスをバランスよく口に入れると程よいお味が口の中でできあがります。

でもでも、「あ゛~、苦い」「おー、甘い」とワイワイキャッキャできる感じも楽しいのです(笑)

かなり小さめサイズなので、二人でシェア、なんてことになるとケンカになるかも。物足りないくらいペロッと食べられます。

口の中が甘いままじゃイヤ、って方のために、ミニコーヒーのサービスがあるのも、気が利いているところ。

そうそう、自販機で食券を購入するシステムになっているのですが、当たりが出るとオリジナルトートバッグと茶の菓(5枚入り)のプレゼントがあります。

マールブランシュの夏季限定かき氷 京都駅前の京都タワーサンド店「生茶の菓かき氷」

わたしは残念ながらハズレましたが、そんなチャンスがあるのも楽しいですね。

生茶の菓アイスバー

なめらかな高級アイスクリームの生茶の菓アイスバーは、エスプーマのお濃茶ソースを絡めながら食べるスタイルです。

ピノを一回り大きくしたくらいのサイズ感なので、「うーん、もう1個食べたいっ!」って誘惑にかられちゃいます。

マールブランシュ 京都駅前の京都タワーサンド店限定「生茶の菓アイスバー」

が、カロリー高そうなので、1個にしておくべきですね(笑)

店内にテーブルはありますが、イスのない立食形式ですので、ちょっと休憩してパクっといくにはちょうどいいのかもしれません。ちゃんと座りたければ、京都タワーサンドのB1へ行けばOK!

茶の菓好きなら一度は食べてみたい、京都タワーサンド店限定アイスなのです。

お値段は250円(税込)

マッチャ
マッチャ
抹茶のいいところが存分に堪能できる、かき氷とアイスクリームは必食だね。
葵
なめらかな食感がだ~い好き!
一年中食べたいっ!!
店名マールブランシュ 京都タワーサンド店
営業時間9:00~21:00
定休日無休
住所京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 京都タワーサンド1F
電話番号075-746-5830
アクセスJR京都駅 地下東口直結
JR京都駅 中央口より徒歩約3分
地下鉄 京都駅 北改札直結
近鉄 京都駅より徒歩約8分

マールブランシュのかき氷 伊勢丹限定「白い山モンブランかき氷」

マールブランシュ人気のケーキ「ラム酒香るモンブラン」をフワフワの氷で丸っと覆ってしまったのが「天然氷 白い山モンブランかき氷」です。

マールブランシュの夏季限定かき氷 京都伊勢丹店「白い山モンブランかき氷」

なにもかけず氷だけ食べても、ちゃんと旨味があるのが良い氷を使っている証拠ですね。ここに、マロンソースやカシスソースを好きなようにかけていただきます。

マロンソースが美味!ですが、カシスソースもサッパリとした甘さ。大きなかき氷だけど、途中を飽きずに乗り切ることができる救世主とも言えそう♪

片側だけ下まで掘っていきながら食べると、中から出てくる冷え冷えモンブランケーキの甘みが存分に楽しめます。栗がゴロゴロと出てきて、幸せに包まれる瞬間~

マールブランシュの夏季限定かき氷 京都伊勢丹店「白い山モンブランかき氷」

モンブラン部分を早めにいただきたいなら、底を掘ってトンネルを作ってから氷とモンブランを交互に食べていくのもいいかもしれませんね。

また、スティック状になった二色の可愛いメレンゲが添えられているので、味や食感を替えたい時にパクっとかじるとなおウマいです~。

雨で肌寒い6月だったけど、ひとりでペロリと食べられました。陽射しが強くなる真夏なら、なんのためらいもなくペロッと完食できることでしょう。

マールブランシュの伊勢丹店は、いつも行列ができています。土日や夏休みはかなり待つことになるかもしれませんが、デパート内ということで炎天下ではないため、それほど苦になりません。

お値段は1,296円(税込)

マッチャ
マッチャ
真っ白でフワッフワの氷だけを、いつまでも食べていたいよ。
葵
うんうん、氷自体も美味しいもんね!
(キツネもかき氷って食べるの!?)
店名ジェイアール京都伊勢丹店(サロン)
営業時間10:00~20:00(ラストオーダー ~19:30)
定休日不定休
住所京都市下京区東塩小路町901 ジェイアール京都伊勢丹6F
電話番号075-343-2727
アクセスJR、近鉄、地下鉄 京都駅直結

マールブランシュ本店限定のかき氷「雪の菓モンブランかき氷」

マールブランシュのかき氷といえば、本店限定のモンブランかき氷を思い浮かべる人がいちばん多いことでしょう。京都の夏の風物詩と言ってもいいかも!

マールブランシュの夏季限定かき氷 北山本店「雪の菓モンブランかき氷」

きめ細やかな氷の上に、モンブラン蜜とモンブランクリームがたっぷりかけられていて、まんま大きなモンブラン

周りにペタっとくっついているメレンゲがサックサクで、いい食感がアクセントになっています。

添えられたアングレーズソースとカシスソースを好みでかけていただくスタイル。

アングレーズソースは甘みが増す感じで、カシスソースは粒がゴロンと入っていて、香りも食感もお味にも変化が出て楽しい!

マールブランシュの夏季限定かき氷 北山本店「雪の菓モンブランかき氷」

まだそれほど暑くない6月の平日でも30分ほど待ち時間がありましたので、シーズンに入ったらかなりの行列が予想されます。

ですが、ならんでもわざわざ北山にある本店まで足を運ぶのも苦じゃないくらい、魅力的なビジュアルとお味なのです。

お値段は1,404円(税込)

マッチャ
マッチャ
京都府立植物園の目の前にあるから、休憩を兼ねて散策後に立ち寄るのがオススメだね。
葵
そう!植物園は甲子園球場約6個分の広さなんだよね。
美味しいスイーツが待ってると思うと、ウキウキ回れちゃう♪
店名マールブランシュ京都北山本店
営業時間10:00~20:00(ラストオーダー ~19:30)
定休日無休
住所京都市北区上賀茂岩ケ垣内町40 植物園北門前
電話番号075-722-3399
アクセス地下鉄烏丸線 北山より徒歩約3分
市バス 植物園北門前よりすぐ
駐車場専用駐車場 9台あり

まとめ

マールブランシュの夏季限定かき氷3種、京都駅前の京都タワーサンド店「生茶の菓かき氷」、京都伊勢丹店「白い山モンブランかき氷」、北山本店「雪の菓モンブランかき氷」についてまとめました。

3つのかき氷を食べ比べしたわけですが、個人的にいちばん好きなのは本店の「雪の菓モンブランかき氷」ですね~。なにげにメレンゲがとても気に入ってます♪

しかし、モンブランのケーキが丸ごと入ってる「白い山モンブランかき氷」は、京都駅直結の店舗ということもあり、行きやすくて通いやすいんですよね。

また、「生茶の菓かき氷」はイートイン限定品ではないので、多少並んでいても割とスグに手に取ることができ、タワーサンド内のフードコートに座ってもゆっくり食べられます。

結局、どれも美味しいのでその時の気分で選ぶかな、という感じですね(^^)