スイーツ

バブルワッフルを京都で食べるなら京花果茶圓enへ!ビー玉タピオカも一緒に♪

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のバブルワッフル

広東語では鶏蛋仔(ガイダンジャイ)と表記するバブルワッフル (bubble waffle)。台湾や香港で食べて、日本でも食べたーい!なんて方もいらっしゃることでしょう。

香港が発祥で、いまや海外や日本国内でも映えるスイーツとして人気ですが、まだまだ食べられるお店は少ないんですよね。

京都市内だと、便利な場所にあってカラフルなビー玉タピオカも一緒に楽しむことができる京花果茶圓enがオススメです。

色合いやその可愛らしい姿を見るだけでハッピーになれそうなバブルワッフル、ぜひ京都でも堪能してください!

バブルワッフルを京都で食べるなら京花果茶圓en

普通のワッフルに比べて、外側のカリカリも中のモチフワ感もアップしているように感じられるバブルワッフル。

厚みも薄くて丸めることができるため、パンのように具材をはさんだり、クレープのようにアイスやクリームを巻けるのも特徴です。

スイーツ系

私が食べに行ったときは、まだフラミンゴワッフルがなく、スイーツなバッフルは2種類でした。

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のバブルワッフル ベリー

こちらは、トリプルベリー&カシス バブル850円+税)。

バッフルの上に生クリーム、ベリーソース、カシスアイス、3種のベリー、ピスタチオ、食べられるお花エディブルフラワーがトッピングされています。

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のバブルワッフル ベリー

甘いかな、と思いきや、ピスタチオの塩気がいい感じのアクセントになっているので、モグモグと食べ進めることができました。

甘じょっぱいスイーツ、大好きです♪

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のバブルワッフル

もう一種類は、オレンジマーマレード&メープル バブル850円+税)。

ベリーに比べると、色合いが地味めというか、大人っぽいというか…。マーマレードとメープルの組み合わせ、こちらも甘そうですね。

フラミンゴワッフル

いまはカップに入ったフラミンゴワッフルが人気!
季節によって旬のフルーツフレーバーになったりするので、要チェックです。(京都三条烏丸店限定

お食事系

ランチ代わりになりそうな、デリバブルワッフルもありますので、甘いものが苦手でもバブルワッフルを楽しむことができます。

チョリソーソーセージバブル」「ハムチーズバブル」は、日替わりスープ付きで、どちらも850円+税です。

京花果茶圓en のメニュー

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

ドリンクメニューはかなり充実しています。あれもこれも飲みたいものばかり!

また、生タピオカのトッピングもありますので、全商品タピオカドリンクにできると思います。氷なしにすると追加料金が必要だということは、ドリンクが増えるってことかな?

なお、2019年のメニューなので、変更があるかもしれません。価格などはインスタやショップで最新のものを確認してくださいませ。

ビー玉タピオカ

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のビー玉タピオカ MANGEKYO

キラキラと輝くMANGEKYO630円)をいただきました。甘すぎず爽やかで、何より見た目がキレイでテンションが上ります♪

京都大原産の紫蘇、バタフライピー、レモンという美容や健康に良さそうな組み合わせ。なんとなくカロリー低めな気がしちゃいます。

お店で手作りしているというビー玉タピオカは色合いが美しいけど、タピオカ自体のお味(食感)はNo.1とは言えないかな~。

いまは生タピオカの美味しいお店がたくさんあるので、他店舗のタピオカの方が好きだな、という印象です。

もちろん、市販のタピオカに比べたら美味しいのは確かなので、安心して飲んでください。あとは好みの問題だと思いますので。

氷がジャマしてタピオカを飲みきれなかったので、次は氷なしのトッピングを発動させるつもりです。

タピオカラテ

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

黒糖ラテ、ストロベリーラテ、宇治抹茶小倉ラテの3種。

宇治抹茶に小倉が入ってるのが気になります!

タピオカミルクティー

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

鉄観音茶、茉莉花茶、黒糖タピオカミルクティの3種。

どれを選んでも間違いない感じ。王道のラインナップといえるでしょう。

チーズティー

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

鉄観音茶、茉莉花茶、トリプルベリー、宇治抹茶チーズティの4種。

トリプルベリーのチーズティーは初めて目にしました。ちょっと珍しいから飲んでみたい。

フラワーフルーツティー

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

フルーツ青茶、レモン青茶、パッションフルーツ青茶、トリプルベリー茉莉花茶、ライム茉莉花茶、グレープフルーツ茉莉花茶、自家製SHISO青茶と、爽やかさ満点のメニュー!

茉莉花茶が大好きなんですけど、フルーツティも大好き! このラインナップは俄然気になります。

自家製レモネード

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のメニュー

花、SHISO、オレンジマーマレード、レモネードチーズティの4種あります。

レモネードも1種類じゃないのがスゴイ!
こちらも健康や美容に良さそうなドリンクです。

季節限定商品や新商品が追加されているので、公式のインスタをチェックしたり、店舗でメニューを確認してくださいね。

京花果茶圓en の基本情報

京都市内に2店舗を構えています。

京都三条烏丸店(三条高倉店)

京都三条烏丸店しか行っていませんが、落ち着いてくつろげるそこそこ広い店内です。(他のお客さんがいたので写真は撮れませんでした)

インスタをされているからか、写真を撮る際にもいろいろと協力してくれて、感じの良いスタッフさんばかりでした♪

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条

カウンターの後ろには、台湾から仕入れた茶葉がいっぱい! 本格的なんだな~、美味しそうだな~、とそそられます。

公式インスタやFacebookでは京都三条烏丸店という表記ですが、別サイトなどでは三条高倉店と書かれていてややこしい感じになっています。

また、最寄り駅も三条ではなく地下鉄の烏丸御池なので、間違えないように地図をしっかりとチェックしてくださいね。

ビルがおもしろい!

京花果茶圓en が入っているDucemixビルヂングは、オシャレなイラストが多用されていて、まるで海外に来たような錯覚を覚えます。

入り口は二つあるので、できれば行きと帰りで両方を通ってほしい!

南側に面した入り口から入ると

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のDucemixビル

格子が施されたキレイな色の壁や笠が京都らしい和モダンな雰囲気を出しており、

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のDucemixビル

壁に描かれたイラストが美しくて楽しい!

西側に面した入り口は、一見いきなりショップ?と思えるようなライトがかかっていますが、中に足を踏み入れると、

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のDucemixビル

手書きのイラストが可愛らしいフロアガイドが壁一面に!

京花果茶圓en(きょうはなかちゃえん)三条のDucemixビル

建物自体は古い感じがするので、パリ風(?)にリノベーションされたビルなのかも。とってもいい感じです♪

3Fまでエレベーターを使わず階段で登ってください。あと、トイレにも忘れずに立ち寄ってみて。あちこちに描かれた大小さまざまなイラストが楽しめるワクワクなビルなのです。

住所京都市中京区桝屋町53-1
Ducemixビルヂング3F
電話番号075-746-4847
アクセス地下鉄烏丸線、東西線 烏丸御池より徒歩約5分
営業時間11:00~19:00(L.O.~19:00)
定休日月曜日

京都円町店

京都府立体育館(島津アリーナ京都)やちょっと足を伸ばせば二条城に行ける場所なのが円町(えんまち)です。

住所京都市中京区西ノ京円町11-4
電話番号075-366-8447
アクセスJR嵯峨野線 円町より徒歩約4分
営業時間10:00~20:00(L.O.~19:00)
定休日月曜日

京花果茶 圓のインスタ

Secured By miniOrange