スイーツ

チョコミントパフェなら京都のカフェ1001!聖地のチョコミントスイーツって?

京都のカフェ1001 チョコミントパフェ

やっぱりチョコミントパフェなら京都のカフェ1001! ここはチョコミントの聖地と呼ばれ、日本全国からチョコミン党さんが集まる場所です。

パフェが有名ですが、他にどんなチョコミントスイーツがあるのか、チョコミントを使っていないメニューやお食事メニューの有無などについてまとめました。

事前にどんなお店なのかをチェックしておきましょう!

カフェ1001のチョコミントパフェ

カフェ1001のチョコミントパフェは、一年中食べられます。いつでも食べられるということは、逆に急がなくても大丈夫ということ。

あっち方面へ行く予定があれば・・・なんて思ってたら、3年以上が経過してる!って感じ。

しかし、今回狙ったのは、ハロウィン限定のチョコミントパフェ! しかもメニューには載っておらず、「Twitter or インスタで見たハロウィンチョコミントパフェ」と伝えないとオーダーできない裏メニューなのです。

京都のカフェ1001 チョコミントパフェ

プラス200円で可愛らしいジャック・オ・ランタンのクッキーが乗り、かぼちゃチップスが散りばめられています。サクサクで味のアクセントになって良い!

ハロウィン時期に毎年やってるなら来年でもいっか、なんて先延ばしにしてしまいそうになりましたが、去年のハロウィンパフェとはアレンジが違うらしい。

毎年ちょっとずつバリエーションを変えてるなら、今年のハロウィン・チョコミントパフェは今年しか食べられないワケですよ。

じゃあなんとしても行くしかないっ!ということで重い腰が上がりました♪

京都のカフェ1001 チョコミントパフェ

後ろ姿は多分いつものチョコミントパフェと変わらないと思われます。柚子ガトーショコラの存在感!

チョコミントアイスは、サーティワンやよくある系のものよりもミント感が抑えられている感じ。ミントゼリーや塩ミントティラミスなど、他のミントとバランスを取っているのでしょうか。

京都のカフェ1001 チョコミントパフェ

生クリームも甘さ控えめで、写真だと見にくいかもしれませんがグラノーラが甘さを緩和してくれています。甘々が得意じゃない、って方ならバッチリでしょう。

このチョコミントパフェは、1組2個までという決まりがあります。1組が4人だったらどーするの?と疑問ですが、美味しいから一人で3個!はNGということですね(そんなに食べる人いるんか?)

では、他のチョコミントスイーツもチェックしてみましょう。

カフェ1001のチョコミントスイーツ

京都のカフェ1001 チョコミントスイーツ

10月に行った際は、2つのチョコミントケーキがありました。チョコミントタルトとホワイトミントチーズケーキです。コーヒーか紅茶が選べるケーキセットはどちらも1,000円

悩みましたが、しょっちゅう行ける場所ではないので、ミント系ドリンクと単品でオーダーすることに。

チョコミントタルト

京都のカフェ1001 チョコミントタルト

「初めて食べるならどちらがオススメですか?」とお伺いしたところ、「清涼感が強いのはチョコミントタルトの方です」とのこと。

まだ若干暑さも残ってるし、ということで、チョコミントタルトをチョイス。

チョコクリームと生クリームで彩られたお皿に散らばったミントゼリー、メインのケーキと相まってキュートで爽やかです!

お味はミント!(当たり前…)
うーん、こんなケーキ食べたことないっ!

ミントなんだけどちゃんとスイーツスイーツしたケーキです。見た目ほどのミント感はなく、甘いスイーツ。タルト生地は思いのほか柔らかくて、ザクザクという感じではありませんでした。

次はホワイトミントチーズケーキを食べてみます!

ミントティラミスオレ

京都のカフェ1001 ミントティラミスオレ

ミントココアがお休み中だったので、アイスのミントティラミスオレを注文。メニューによると、自家製ミントティラミスとミントミルクを水出しアイスコーヒーで割ったらしい。

写真のとおり、見た目はティラミスの茶色が強く出てて、ミント色の主張が弱かったです~。もっとミント色を期待してたんだけども。

お味はミルクコーヒーにミントとココアの風味が混ざってる感じ。(そのまんまですね)思ったよりも甘かったけど、飲み終わりはサッパリします。

欲張ってチョコミントパフェ+チョコミントタルト+ミントティラミスオレをいただいたわけですが、できれば分けたほうがいいですっ!

もともと少食なのでコレをお昼ごはんとしましたが、お腹いっぱいというか胸がいっぱいというか、「もういいわっ」となりましたw

ひとつひとつは美味しいので、季節ごとにちゃんと通おうと誓いました。

カフェ1001ってこんなところ

京都のカフェ1001 メニュー

古民家というか町家というか、風情のあるレトロな感じのカフェ1001さん。ブックカフェでもあるので、店内にはたくさんの本が並んでいます。

メニューと一緒に絵本やお客様ノートなんかが置いてあるのも雰囲気がありますね。

店内の様子

京都のカフェ1001 店内の様子

ウエイティングスペースからもう可愛い♪
フリーペーパーがたくさんあり、写真には映っていませんが右の本棚には京都の作家さんの本などが並んでいました。

10月だったので、入り口入ってスグの飾り棚はハロウィン!

京都のカフェ1001 店内の様子

色合いとか高低とか雰囲気がちゃんと揃えてあって、とってもオシャレ! ココを見てるだけでテンションが上ります。

いくらでも待てそう(笑)

京都のカフェ1001 店内の様子

こちらは靴を脱いで上がる席です。床がピカピカに磨き上げられていて、古いながらも丁寧に手をかけてられるのがわかりますね。

小物が置いてあるワゴンもさりげなくハロウィン☆

京都のカフェ1001 店内の様子

ちゃぶ台が置かれたカウンター前の席を別角度で。テーブル席が空いていると先にそちらに通されるようで、今回はこちらへ上がることはできませんでした。

京都のカフェ1001 店内の様子

こちらは落ち着いたテーブル席。壁に貼られたポスターもいい味を出してます。

京都の街をわかりやすく描いた手ぬぐいが飾られていたのですが、こちらはある本に数量限定で付けられていた非売品。売ってたら絶対買うやつー。残念。。。

京都のカフェ1001 店内の様子

カップル向けでしょうか、思わず長居してしまいそうなソファー席もあります。

自分を含めて何組かを見ていたところ、自分で選べる感じではなく、お店の方に通されるままに着席する、って感じですね。どの席もいい雰囲気なので問題なしでしょう。

メニュー

厳選された感のあるメニュー構成です。コーヒーや紅茶にもこだわりを感じるので、どちらもケーキと合わせて飲んでみたい。

他のドリンクメニューも美味しそうなものばかりですし、ミントじゃないケーキは季節ごとに変わるそうなので、やっぱり何度か通ってみようと企んでいます。

京都のカフェ1001 メニュー

メインというか名物というか、ほとんどの方がコレを目当てに訪れるんでしょ、というチョコミントパフェが表紙にドーン!

裏にはドリンクと平日限定のカレーが記載されています。

現在のお食事メニューはひとつだけ。京油揚げ、きのこ、香味野菜などをサバだしやトマト、スパイで煮込んだ温玉付きの和風カレー、美味しそうな響きです!

カレーとパフェとケーキを同時にはムリなので今回は諦めましたが、シェアできる誰かと行くとよさそうですね。ぜひ食べてみたい♪

京都のカフェ1001 メニュー

チョコミント系のケーキがふたつとコーヒーや紅茶のラインナップ。

  • チョコミントパフェ 1,200円
  • チョコミントアイスココア お休み中
  • Wベリーソーダ 600円
  • シトロンジンジャーエール 600円
  • オレンジジュース 500円
  • 和風 鯖トマトカレー 1,000円
  • ケーキセット 1,000円
  • かぼちゃのチーズケーキ 600円
  • ホワイトミントチーズケーキ 600円
  • チョコミントタルト 600円
  • 今週のコーヒー 500円
  • 今週の水出しコーヒー 600円
  • キャラメルウインナコーヒー ホット 550円
  • キャラメルウインナコーヒー アイス 650円
  • カフェオレ ホット 550円
  • カフェオレ アイス 600円
  • ハニーカフェオレ 600円
  • ミントティラミスオレ 650円
  • セイロンディンブラ ホット 650円
  • セイロンディンブラ アイス 600円
  • ショコラミントミルクティー 700円

チョコミントの聖地が京都にある!

さまざまな雑誌、テレビなどのメディアで「チョコミントの聖地」として紹介されているカフェ1001。店主の久世さんのお顔やチョコミントパフェの画像、もしかしたら目にしたことがあるかもしれませんよね。

サーティワンでは必ずチョコミントをオーダーし、目に付けば必ず手にするチョコミン党員としては、地元京都にあるチョコミントの聖地へ行かないわけにはいきません!

公共交通機関がバスのみという、やや不便な場所にあるため、なかなか行けずじまいでしたが、どうしても行きたい理由ができたため行ってまいりました。

そのひとつがハロウィンチョコミントパフェ!
そしてもう一つの理由はコレでした。

ChocoMint ZINE

京都のカフェ1001 ChocoMint ZINE

チョコミント好きな方へと販売されている『ChocoMint ZINE500円)』は、チョコミントの雑学から手作り方法などが詰まったミニブックです。

ここにも登場するのがカフェ1001。チョコミントの先駆者としてインタビュー記事が掲載されており、カフェで購入することができます。

見た目の可愛らしいこの小冊子、カフェ1001では今回50冊の限定販売ということです。目に留まったときに手に入れておかないと、と思って馳せ参じました。

実際に手にとってみたら、全16ページで自分用としては「う~ん…」という印象でしたが、チョコミン党さんにプレゼントするにはいいかも。私もプレゼントされたらウレシイです。眺めてほっこりします♪

カフェ1001の基本情報

京都のカフェ1001 店舗

住宅街に溶け込んでいる町家づくりのお店は、コーヒーマークの看板と黒板に書かれたメニューですぐにわかります。

行く前に公式サイト・Twitter・インスタなどを確認することをオススメします。

住所京都市上京区泰童町288
電話番号電話対応不可
※問い合わせは公式HPのメールフォームより
アクセス京都駅から 市バス 智恵光院中立売より徒歩約5分
市バス 千本中立売より徒歩約5分
営業時間11:30~17:00(L.O. 16:30)
ただし食材なくなり次第閉店
定休日不定休(公式HPでチェック)
公式HPCafe1001(いちまるまるいち)

カフェ1001のTwitter

カフェ1001のインスタ

まとめ

京都にあるチョコミントの聖地、カフェ1001のチョコミントパフェやチョコミントスイーツを堪能してきました。

年々新たなチョコミント製品が続々と夜に送り出されています。最初はすべてを追っかけることができたチョコミン党の方々も、だんだんと追いつけなくなっている感が。

巷のカフェではチョコミントのパフェやかき氷やケーキを提供するお店が増え、コンビニでもアイスバーやシュークリームやクッキーなどさまざまなチョコミント菓子が並びます。

そんな今どきだからこそ、聖地へ足を運んでみたいですよね。気になるメニューばかりなので、最低でも季節ごとに通ってみます(*^^*)