京都観光 穴場でお寺や神社以外といえばどこ?社寺がつまらない人へのおすすめスポット5選

当ページのリンクには広告が含まれています
京都観光 穴場でお寺や神社以外といえばどこ?

京都観光穴場で、お寺や神社以外のおすすめスポットについてご紹介します。

  • お寺や神社に興味がない
  • だから京都観光で何するか迷う
  • 京都観光のおすすめを寺以外で知りたい

確かに社寺がつまらない人にとっては、世界遺産も興味ないですよね。

そこで、社寺以外でも京都観光を楽しめる穴場を5つピックアップしてみました。

この記事でわかること

お寺や神社以外の京都観光の穴場は、マンガミュージアム、映画村、ギア、アトリエ京ばあむ、ニンテンドーミュージアム!

それぞれのスポットについて、詳しくご紹介します。

目次

京都観光穴場でお寺や神社以外といえばどこ?

京都駅
京都駅

お寺や神社以外の京都観光の穴場がこちら。

  • 京都国際マンガミュージアム
  • 東映太秦映画村
  • GEAR(ギア)
  • atelier(アトリエ)京ばあむ
  • ニンテンドーミュージアム

以前、京都旅行の目的を100名の方にアンケート調査したことがあり、その回答に入った寺院・神社、名所・旧跡、飲食、紅葉・桜、お祭り、博物館・美術館を省いて導き出した答です。

京都旅行の目的アンケート調査結果!

京都国際マンガミュージアム

「ミュージアムって博物館・美術館のことでしょ?」とツッコまれそうですが、歴史的な文化や絵画などの芸術、伝統工芸品には興味がない層でもマンガなら別よね、という意図です。

京都国際マンガミュージアム
京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアムの約30万点以上のマンガを含む蔵書は、日本国内外の作品を広範囲にわたって網羅しています。

貴重な初版本から、最新の人気シリーズまで、マンガの全てを体験できる場所として、幅広い年齢層のファンに支持されていますよ。

また、マンガミュージアムでは、展示だけでなく、様々なイベントやワークショップが定期的に開催されているので、もしかしたらお気に入りの著者さんに会えるなんてことも!

さらに、マンガの閲覧スペースも充実しており、屋内には快適な読書スペースが設けられていますが、天気の良い日には、ミュージアムの庭でマンガを読むことも可能です。

国内外からの訪問者に開かれた京都国際マンガミュージアムは、マンガの世界を堪能できる、京都ならではの特別な場所といえます。

>> 京都国際マンガミュージアム【楽天たびノート】

マンガ好きにおすすめ!

東映太秦映画村

東映太秦映画村
東映太秦映画村

京都観光で東映太秦映画村があまりピックアップされないのが不思議なくらい、歴史ある映画の世界を体験できるテーマパークです。

映画村では、実際の映画撮影に使われるセットが多数展示されており、日本の映画製作の裏側を垣間見ることができる貴重な場所です。

映画村の敷地内では、江戸時代の町並みを再現したセットが訪れる人々を迎え、その歴史的な雰囲気はまるで時代を超えた旅をしているかのようです。

古い時代の建物や街並みは、細部にわたって忠実に再現されており、映画のシーンを実際に歩いているような錯覚に陥ります。

東映太秦映画村の撮影作品例
  • 大奥
  • るろうに剣心 最終章
  • 天外者
  • せかいのおきく
  • 仮面ライダーガッチャード
  • カムカムエヴリバディ
聞いたことある!

また、映画村では年間を通じて様々なイベントが開催されています。

季節ごとに変わるイベントは、訪れるたびに新しい発見があり、繰り返し訪れたくなる魅力がありますよ。

>> 日本映画の聖地 京都「東映太秦映画村」【楽天旅行ガイド】

映画ファンにおすすめ!

GEAR(ギア)

京都にはギアがある!

京都のGEAR(ギア)は、言葉を使わずに、身体表現と最新技術を駆使したパフォーマンスで観客を魅了する、日本で初めてのノンバーバル(非言語)パフォーマンスショーです。

このショーは京都市の中心部にある河原町三条通のART COMPLEX 1928で上演されており、国内外から訪れる観光客に絶大な人気を誇ります。

GEARの最大の特徴は、ロボット、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングなど、さまざまなジャンルのパフォーマンスが一つの物語の中で融合している点です。

GEAR(ギア)
GEAR(ギア)のステージ

技術とアートが見事に組み合わさり、光や映像、音楽を効果的に使用することで、観客はまるで異世界に迷い込んだかのような体験をします。

笑いあり、涙ありで、言語を問わず、老若男女誰もが楽しむことができるのです。

私も家族や友人と何度も訪れていますが、みんなめちゃくちゃ喜んでくれていますよ♪

全人類におすすめ!

atelier(アトリエ)京ばあむ

アトリエ京ばあむは、京都で生まれたバームクーヘンをテーマにしたお菓子のミュージアムです。

京都産の高品質な豆乳&宇治抹茶と職人技が融合した京ばあむは、京都を訪れる人々にとって、特別なお土産や贈り物として非常に人気です。

一つ一つ丁寧に重ねられた層が、切り口から美しい模様を描き出し、それは日本の伝統的な京都らしい美意識を感じさせ、視覚的にも楽しむことができます。

京ばあむ
京ばあむ

Atelier 京ばあむの店内では、バームクーヘンが焼き上がる様子を間近で見ることができ、その香ばしい香りに包まれながらショッピングを楽しむことができます。

また、店舗では限定商品や季節ごとの特別なフレーバーも販売されており、訪れるたびに新しい発見がありますよ。

>> 「京ばあむ」の魅力を伝えるミュージアム【楽天旅行ガイド】

スイーツ好きにおすすめ!

ニンテンドーミュージアム

京都府宇治市のニンテンドーミュージアムは、日本が世界に誇るゲーム会社、任天堂の歴史と文化を紹介する施設です。

当初は2024年3月末オープンの予定でしたが、オープニングスタッフ募集要項や近隣店舗の情報によると、どうやら6月オープンで進んでいるとのこと。

任天堂の創業から現代に至るまでの歩みをたどることができ、幅広い年齢層のファンにとっては聖地のような存在になりそうです。

ニンテンドーミュージアムの見どころの一つは、古今東西の任天堂製品を一堂に見ることができる展示でしょう。

初期の花札やトランプ、ゲームウォッチ、ファミコン、ゲームボーイから最新のNintendo Switchまで、時代を超えた製品群を通じて、任天堂の革新的な歩みをたどることができるんだとか。

オープンが待ち遠しい!

ゲーム好きにおすすめ!

ニンテンドーミュージアム関連ということで、京都にある2つのスポットもご紹介します。

Nintendo KYOTO

京都髙島屋の1階にある大きなスーパーマリオの彫像を横に見て奥へ進み、7階へ上るとNintendo KYOTOが目に前に広がります。

なんといっても京都は任天堂の発祥地ですので、限定の「Nintendo KYOTOシリーズ」という商品はチェックしてみてくださいね。

買い物を楽しんだ後は、屋上へのエスカレーターを利用して、ゴールポールでポーズをとるマリオの像で記念撮影を撮りましょう。

また、Nintendo KYOTOの眼の前の四条通の地下道では、「スーパーマリオ」の世界観を描いた壁画が設置されています。

任天堂京都の地下壁画
任天堂キョウトの壁画

この壁画は約100メートルの長さで、マリオやクリボーといった親しみ深いキャラクターが描かれており、ドット絵や3Dで表現されたマリオたちが通路の両側に広がっています。

「クッパ城」などのシーンに合わせたBGMも流れていて、音楽を聞きながらゲームの世界を歩くような体験ができますので、ぜひ通ってみてくださいね。

>> 「Nintendo KYOTO」は京都観光で外せない!【楽天旅行ガイド】

任天堂ファンにおすすめ!

ポケモンセンターキョウト

ポケモンセンターキョウトは、京都の伝統とポケモンの世界が融合した独特の内装で、訪れる人々に特別な体験を提供しているショップです。

ポケモンセンターキョウト
ポケモンセンターキョウト

京都ならではのデザインを取り入れたオリジナルグッズや、日本の他地域では手に入らない「ピカチュウ八ツ橋」など特別なアイテムが揃っています。

これらの商品は、京都の文化や伝統をポケモンの世界観と組み合わせたもので、ファンであれば誰もが欲しくなるような魅力的な品々ばかりです。

壁画や装飾など、細部にわたるまで京都の伝統文化が感じられるデザインは、他のポケモンセンターにはない、キョウト店ならではの魅力と言えるでしょう。

>> ポケモンセンターキョウト公式

ポケモンファンにおすすめ!

京都観光 穴場でお寺や神社以外についてのまとめ

京都観光穴場で、お寺や神社以外のおすすめスポット5選についてご紹介しました。

  • 京都国際マンガミュージアム
  • 東映太秦映画村
  • GEAR(ギア)
  • atelier(アトリエ)京ばあむ
  • ニンテンドーミュージアム

京都は見どころ食べ処が満載なので、神社仏閣に興味がなくても、こういった場所で京都観光を楽しんでほしいです。

>> 京都の他の観光スポットを見る【楽天たびノート】

京都旅行の目的ランキングでは食べ歩きが第3位でしたが、やっぱりどこの土地へ行っても現地の美味しいものは食べたいですよね。

京料理や京スイーツを堪能しながら、京都の散策で日頃の疲れを癒やしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次