京都っぽい場所

常寂光寺の紅葉の見頃時期はいつ?見どころとライトアップについても

常寂光寺の紅葉の見頃時期はいつ?

昔ながらの茅葺き屋根の仁王門や、石畳の参道などが、いにしえのしっとりとした京都情緒を映し出しているのが常寂光寺。秋期は木々が織り成す錦色が境内を彩って、京都でも屈指の紅葉のスポットとして有名です。

そんな常寂光寺の紅葉の見頃時期はいつなのか、事前にチェックしておきましょう。

また、見どころとライトアップの有無についてもカンタンにまとめましたので参考にしてくださいね。

常寂光寺の紅葉の見頃時期はいつ頃?

常寂光寺の紅葉の見頃時期はいつ?

11月中旬から11月下旬と、やや短めなのが常寂光寺の紅葉の見頃です。ピークは11月20日前後になると予想されます。

オフィシャルサイトには、下記の記述がありました。

11月13日位から紅葉の見頃になります。最盛期は18日から28日前後になるでしょう。

最新の紅葉の色づき具合を確認するには、京都のオフィシャルサイト京都観光Navi 紅葉だよりも便利です。

マッチャ
マッチャ
朝イチバンに行くと、空気が気持ちいいし混まないのもいいんだよね。場合によっては紅葉を独り占めできるかも!
葵
うぅぅ・・・やっぱり早起きは得ってことよね。がんばろうっと!

常寂光寺の見どころは紅葉だけじゃない!

11月中旬から下旬の紅葉シーズンには、仁王門をくぐった先にある、本堂に向けて急な石段を登る境内が、楓の赤や朱色や黄色など色彩豊かです。

天空を見上げれば、満点の星空のようなモミジがあるなど、秋ならではの光景が連続見られ、紅葉の様相が日々に変化していく時期には、イメージが異なる風景に出会えます。

このように、常寂光寺の紅葉はすばらしい!と有名ですが、見どころは紅葉だけではありません。

仁王門

京都 常寂光寺の仁王門と紅葉仁王門

仁王門は、常寂光寺の境内の建築物の中で最も歴史のある建物になります。仁王門から続く参道は紅葉が覆いかぶさるようになっており、もみじのトンネルをくぐっている気分になれます。

多宝塔

優美に佇む多宝塔は、重要文化財です。本堂のさらに奥まった階段を登った先にあり、木々に囲まれているため、紅葉の朱色と多宝塔の白色の色合いが美しい景色を楽しめます。

反り返った茅葺き屋根や、丸まっている白壁の調和もステキで、常寂光寺の中でも見ごたえのある伽藍です。

また、多宝塔からぜひ見下ろしてみてください。一面に紅葉が広がり、嵯峨野の風景も一望できます。

常寂光寺の多宝塔からみた嵯峨野の風景多宝塔からみた嵯峨野の風景
マッチャ
マッチャ
多宝塔がいちばんのビュースポットだよ。見上げても見下ろしても紅葉が楽しめるのは常寂光寺ならではだね。
葵
だったら天気のいい日に行ったほうがより絶景が見られそうね!

常寂光寺には紅葉ライトアップはある?

残念ながら、常寂光寺では紅葉時期のライトアップは行われていません。

ですが、嵐山花灯路の時期には夜間特別拝観が行われます。

常寂光寺の夜間特別拝観

開催期間2018年12月8日(土)~17日(月)
拝観時間17:00~20:30(受付は20:00まで)
拝観料金500円

京都 嵐山花灯路

嵐山花灯路の渡月橋嵐山花灯路の渡月橋

嵐山花灯路は、紅葉の見頃を過ぎてしまってから始まります。紅葉の時期とかぶってしまうと、混雑がとんでもないことになりますからね。

12月の嵐山はとても寒く、観光客がグンと減りますので、それらを回避するための催しであるとも言われています。

キラキラとしたライトアップではなく、優しい行灯の灯りが嵐山の主要な道を照らしてくれるので、ほんわかとした雰囲気を楽しむことができて、これはこれで見る価値ありです♪

開催期間2018年12月8日(土)~17日(月)
点灯時間17:00~20:30
特別拝観・ライトアップ場所
  • 渡月橋
  • 竹林の小径
  • 常寂光寺
  • 法輪寺
  • 宝厳院
  • 落柿舎
  • 野宮神社
  • 嵐山モンキーパークいわたやま
  • 長神の社
  • 小倉池
公式サイトhttp://www.hanatouro.jp/arashiyama/
マッチャ
マッチャ
嵐山は広いから、花灯路でも混むのは竹林の小径ぐらいだよ。
葵
夜は冷え込みそうだから、暖かい服装で出かけたほうが良さそうね。

常寂光寺の基本情報

京都 常寂光寺の山門山門

慶長元年(1596年)に創建された日蓮宗の寺院。閑散な小倉山が、仏教の理想郷「常寂光土」のようだということで寺名の由来となっています。

藤原定家が詠んだ「忍ばれむものともなしに小倉山軒端の松ぞ馴れて久しき」から、軒端寺と呼ばれることも。

住所京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
電話番号075-861-0435
アクセスJR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅下車より徒歩約15分
京福電鉄 嵐山駅下車より徒歩約20分
京都市バス 嵯峨小学校前下車より徒歩約15分
拝観時間9:00~17:00(受付は16:30まで)
拝観料金500円
所要時間の目安20~30分
公式サイトhttps://www.jojakko-ji.or.jp/

まとめ

京都の嵐山エリアよりやや北にある常寂光寺について、紅葉の見頃時期や見どころ、ライトアップ情報などについてまとめました。

常寂光寺から北へ二尊院、祇王寺と名だたる紅葉の名所を巡ることができます。こちらは紅葉シーズンでもそこまで混雑しないので、静かに紅葉狩りをしたいならうってつけの場所です。

帰りは嵐山まで行き、お土産やグルメを楽しんで帰るというコースにすれば、一日でも十分に堪能できる小旅行が楽しめると思いますよ。