京都っぽい場所

京都の護王神社は足腰の神様!足跡に乗りお守りを受けてご利益アップ

京都の護王神社で足腰のご利益を受けるには?

護王神社は御所の守護神として、京都御苑の西側、蛤御門の向かいに位置しています。境内にある霊猪像から、いのしし神社としても親しまれています。

この護王神社には足腰の神様がいらっしゃるということで、足腰の健康を願う方々が全国から訪れることで有名です。

足腰の健康祈願は、本殿をお参りしてお守りを受けるだけではなく、さまざまな祈願の方法や場所があります。

それほど広くないのですが、御千度車、足萎難儀回復の碑や石の足跡、座立亥串などをうっかり見逃してしまわないように、事前に知識を得ておきましょう。

ここでは、それらの説明や、足腰お守りの種類と値段などについてまとめています。

京都の護王神社は足腰の神様!そのご利益とは?

足腰の健康に関するご利益を求めて、護王神社には全国からたくさんの方々がいらっしゃいます。

京都の護王神社 足腰の健康にご利益あり

足腰の病気やケガの治癒

膝痛や腰痛など足腰全般の病気やケガを早く治したい、痛みを緩和させたいと願う方々が、全国から参拝に訪れます。

私も腰椎椎間板ヘルニアの手術をしているため、術後は何度も通っており、おかげさまで現在は何の不自由もありません♪

足腰の健康祈願

いま特に痛みなどの不具合があるわけじゃないけれど、年老いてからも足腰が丈夫で健康でいられるように、という健康祈願をされる方も多いです。

また、両親や祖父母に対して、いつまでも元気で歩いていて欲しい、という願いを込めて、護王神社を訪れ、足腰お守りをお土産にする方も。

老人は足腰から弱っていく、なんて言われているため、それを阻止すべく、私も実家へ毎年送っています。

なぜ護王神社に足腰守護のご利益があるの?というと、この神社の御祭神である和気清麻呂公(わけのきよまろこう)が、歩けないほどのケガから復活したという逸話にちなみます。

京都の猪神社である護王神社の簡単な説明
京都の猪神社といわれる護王神社と和気清麻呂物語~簡単な説明と歴史京都市上京区にある護王神社は猪神社として親しまれています。イノシシがこれほど有名になっているのは、なぜなのでしょうか? 簡単な説明と、ざっくりした歴史(御由緒)や、御祭神である和気清麻呂の物語についてまとめました。足腰の健康を守護する神社としても有名ですが、2019年は亥年ですので、ぜひ立ち寄ってみては?...
マッチャ
マッチャ
たくさんのイノシシが境内を守っているので、隅々まで見て回るといいよ。
葵
キャラクターみたいなイノシシさんもいるのね♪

護王神社の足跡に乗ることで足腰丈夫を祈願!

「護王神社へ行くなら、足跡に乗っておいでね~」などと言われます。足跡?乗る?と、初めて聞いたら戸惑ってしまいますよね。

足萎難儀回復の碑

京都の護王神社 足萎難儀回復の碑

本殿の右隣には、足萎難儀回復の碑(あしなえなんぎかいふくのひ)があります。

ここにある足跡、つまり足型の石の上に乗って、碑をなでることでご利益をいただこうというものです。

願掛け猪像

京都の護王神社 霊猪像

本殿の左隣には、願かけイノシシ像と祈願殿があります。

足萎難儀回復の碑とともに、イノシシがついた白い棒のようなものがたくさん刺さっています。これは、座立亥串(くらたていぐし)というものです。

座立亥串

足萎難儀回復の碑の隣にもありますが、本殿の両側に植えられている御神木 招魂樹(おがたまのき)の根本には、座立亥串がたくさん立てられています。

ここに霊猪像がありますが、神の使いである座立猪(願掛猪)として信仰されており、座立亥串には心願成就、再起興隆、福徳財運、足萎難儀回復のご利益があると言われています。

京都の護王神社 座立亥串

座立亥串の初穂料は、2本1組で千円です。

1本は座立猪の前に刺し立て、もう1本は家に持ち帰り、神棚や玄関、居間などで頭より上の場所に祀ります。

御千度車(おせんどぐるま)

護王神社の表門前には、「足萎難儀回復御守護石」と書かれている御影石製の「御千度車(おせんどぐるま)」があります。

足腰の健康と病気回復を祈願する「大祓詞(おおはらえことば)」が金字で刻まれています。

京都の護王神社 御千度車

この御千度車を一度回すことで、大祓(浄化の儀式)をしたのと同じことになるんだとか。本来、読めば5分ほどかかる大祓詞ですが、参拝者の足腰に負担をかけないように工夫されています。

毎月21日に行われている足腰祭でも、本殿にて祈願祭をした後、参列者は御千度車を回して足腰の大御守りの下をくぐることで、足腰の健康祈願をします。

マッチャ
マッチャ
座立亥串は、護王神社ならではの特別な信仰なんだ。
葵
そうなんだ~ じゃあ、これぞ!というときに試してみようかな。

護王神社の足腰お守りとは?種類や値段は?

足だけ、腰だけ、足腰をはじめ、健脚や勝歩(しょうぶ)など、たくさんの種類があるので、どれがいいのか目移りしてしまうかも。

ちなみに、わが家の定番はコレです。

京都の護王神社 足腰お守り

もし家に置いておきたいのなら、「足腰の神札 1,000円」というのがあります。

持ち歩きたいなら、定番サイズの形、大きさのこちらを。

  • 足腰の袋お守り 1,200円
  • 腰の袋お守り 700円
  • 足の袋お守り 700円
  • 健脚お守り 1,000円
  • 勝歩(しょうぶ)お守り 1,000円

キーホルダーにつけたいなど、根付けタイプはこちら。

  • 足腰の根付け袋お守り 1,200円
  • 足腰の鈴お守り 1,200円
  • 腰の根付けお守り 1,000円
  • 足の根付けお守り 1,000円

大きさや写真は、護王神社さんの公式サイトをご確認ください。

ちなみに、参拝可能な時間は、午前6時から午後9時までですが、神符守札授与所は午前9時から午後5時までですので、ご注意くださいね。

マッチャ
マッチャ
京都マラソンの前後には、「健脚お守り」を求めて、たくさんのランナーが護王神社を訪れるんだよ。
葵
きっと無事に完走できることを、イノシシさんも願ってくれるのね。
京都 護王神社のお守りの値段や買える時間は?
京都の護王神社のお守りの値段は?買える時間と通販の有無についても京都の護王神社のお守りが買える授与所の受付時間や、代表的なお守りのお値段と通販についてまとめました。足腰の守護神なので足腰の悪い家族や知人へお守りをお土産にしたいという方も多いことでしょう。事前に、お守りが買える時間やお守りの値段がある程度わかっていると、頼む方も頼まれる方も安心かと思いますので、参考にしてくださいね。...

護王神社の基本情報

住所京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
電話番号075-441-5458(9:00~17:00)
アクセス京都市バス 烏丸下長者町下車よりすぐ
地下鉄烏丸線 丸太町駅下車より徒歩約7分
参拝時間6:00~21:00
拝観料金無料
所要時間の目安10~20分
公式サイトhttp://www.gooujinja.or.jp/

まとめ

足腰の神様といわれる京都の護王神社について、足腰に関するご利益のいただき方などをまとめました。

私が初めて参拝に行った日は、あいにくの大雨だったため、本殿をお参りしてお守りを受けただけで帰ってきてしまいました。

後日、もっといろいろな見所があったと知り、再度行き直した経験があります。

わたしのように失敗しないよう、本殿をお参りするだけでなく、足萎難儀回復の碑にある足跡の上に乗って碑をなでたり、御千度車を回したりすることもお忘れなく!